磁気瓦は材料や種類によってプロセスが大きく異なります
参加時間: 2023-06-10
クリック回数:93

磁瓦


磁気瓦は材料や種類によって、そのプロセスも大きく異なります。次に、江門旭弘磁石メーカーと一緒に調べてみましょう。フェライト磁気瓦は焼結フェライトを主とし、ネオジム鉄ホウ素磁気瓦は焼結と接着の2種類に分けられる。

1、湿圧性の技術を紹介する

湿圧プロセスは:原料---仮焼粗粉砕(次ボールミル)---原料二次ボールミル(湿ミル)---磁場成形---焼結研削---洗浄---磁気充填である。成形スラリーは水分を含み、磁場で成形粒子が向きやすくなるため、乾圧性よりも高い配向度が得られ、その性能も高くなる。

2、焼結ネオジム鉄ホウ素磁性瓦:原料---溶解---破煉瓦製粉磁場成形---等静圧---真空焼結と焼戻し---ワイヤカットなどの加工---電気めっき---磁気充填

江門サニーマグネット有限会社は主に湿式異方性乾式異方性、等方性磁気瓦、磁気リングなどの製品に従事している。製品は自動車、事務設備、電動工具、家電製品などの業界に広く応用されている。品質は日系、台湾系、香港系、中国などの有名企業の認可と信頼を得ている。


Copyright © 旭弘磁材  

Technical support:

粤ICP备15051457号