磁気瓦の性能がモータに与える影響
参加時間: 2023-06-10
クリック回数:93

湿式异方性


磁気瓦は主に永 久磁石直流モータに用いられ、電磁式モータが励磁コイルを通じて磁力源を発生するのと異なり、永 久磁石モータは永 久磁石材料で一定の磁力源を発生する。永 久磁気瓦は電気励磁の代わりに多くの利点があり、モーターの構造が簡単で、修理が便利で、重量が軽く、体積が小さく、使用が信頼でき、銅の量が少なく、銅の消費が低く、エネルギー消費が小さいなどを使用することができる。

磁気瓦の性能がモータに与える影響:

(1)モータの高い回転速度、大きな出力トルク、大きな電力を確保するために、高い残留磁気誘導強度Brが必要である。モーターこそ効率が高い。

(2)高いHcbは、モータ出力に必要な起電力を確保し、モータ動作点を大磁気エネルギー積に近づけ、磁石の能力を十分に利用することができる。

(3)高いHcjはモーターに強い耐過負荷減磁及び耐老化、耐低温能力を確保することができる。

(4)高い(BH)max。(BH)maxが高いほど、永 久磁石酸素体のモータにおける実際の動作を示す動作係数が良い。

(5)磁気エネルギーは大きいほど良く、これはモータの作業効率を大幅に向上させる。

(6)減磁曲線の矩形度が良いほど、モータの動的損失が小さくなる。

(7)永 久磁石酸素体の抵抗率が高いほど、汗流損失が小さくなる。

(8)永 久磁石酸素体の温度係数が小さく、高温でこそ良好な温度安定性がある

江門サニーマグネット有限会社は主に湿式異方性乾式異方性、等方性磁気瓦、磁気リングなどの製品に従事している。製品は自動車、事務設備、電動工具、家電製品などの業界に広く応用されている。品質は日系、台湾系、香港系、中国などの有名企業の認可と信頼を得ている。



Copyright © 旭弘磁材  

Technical support:

粤ICP备15051457号